水をたくさん飲もう


段々と暑くなってきて、汗をかくことが多なってきましたね。

夏に汗をたくさんかくと、オシッコが黄色いことがありますよね。

あれは毒素や不要物が濃い濃度で体に溜まっていることを表しています。

体の70%は水分で、水分が減ると疲れてパワーが出なかったり
健康を害する危険な状態なるといわれています。

そこで水分補給はかかせません。

それでは、どんな種類の水分をどれだけ、
どのようにとったらいいのでしょうか?

私は良い質の水を1日に2リットルくらい
飲むようにしています。

飲むのは、水か麦茶がほとんどで、
コーヒーや紅茶、緑茶、牛乳、ジュース類はほとんど飲みません。

アルコールはちょこっと飲みます。(笑)

コーヒーやお茶類は、カフェインが入っています。

カフェインには利尿作用があるので、水分を補給するどころか
体内の水分を尿として奪ってしまいます。

ビールなどアルコール類も同じように利尿作用があるので
オシッコがやたら近くなったり、飲んだ翌朝に喉が渇くのは
そのせいです。

二日酔いの頭痛の原因は、脳の水分不足だといわれています。

なので二日酔いのときに、スポーツドリンクで水分補給をすれば、
頭痛や吐き気が治ります。

だからビールでは水分補給になりません。

風呂上りのビールは、うまいですが、
汗をかいて水分不足になっている上に、
ビールでさらに水分を奪われるので危険な状態なのです。

そこで私は、風呂上りに、まず冷たい水や麦茶を飲んで水分補給を
してから、食事と一緒にビールやワインを飲むようにしています。

スポーツドリンクも普段、あまり飲みません。

スポーツドリンクや清涼飲料水は、大量の糖分が含まれているので
それをたくさん飲むと低血糖症やペットボトル症候群になる
といわれています。

ペットボトル症候群とは、急性の糖尿病のような症状で
低血糖症は、急激な血糖値の上昇を抑えようと低血糖になる症状で
どちらも血糖バランスをコントロールできなくなる状態といえます。

ホルモンの乱れから、イライラしてキレやすくなったり、
骨のカルシウムが血液にとけて、虫歯や骨粗鬆症になります。

なのでスポーツや二日酔い、熱中症などで
大量に水分や塩分、糖分が不足しているとき以外には
スポーツドリンクを飲まないようにしています。

現代人は、ただでさえ塩分・糖分の多い食生活をしているのですから、
ジュース類でさらに濃くするのではなく、
水を飲んで薄めた方がいいです。

また私は、牛乳もめったに飲みません。

カルシウムを補うのに、牛乳がいいと言われますが、
牛乳のたんぱく質は、粘り気が強いため、
腸からカルシウムを吸収するのを妨げて、
あまりカルシウムを摂取できないそうです。

また牛乳を飲むとお腹がゴロゴロします。

それは牛乳に含まれる糖分である乳糖を分解する酵素を
人間が持っていないため分解できず下痢などになるそうです。

それ以上に乳糖は人間がもっている骨の中のカルシウムを
奪ってしまう作用があるそうで、
牛乳を飲むほどカルシウム不足になるのです。

ですから
水分補給には、コーヒーでもお茶でも、ビールでも牛乳でもなく、
「水」を飲みましょう!

それでは、どんな水をどのように飲んだらいいのかについては
また次回にします。

お楽しみに~

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">