甘え上手になろう


人に頼んだり、お願いしたりするのが苦手な人って
結構いるのではないでしょうか。

かくいう私も苦手です・・・(苦笑)

それは、頼むのが恥ずかしいとか
自分が無力だと相手に思われんじゃないかとか
人に依存するのがイヤとか・・・

という理由で、
人に頼むより自分で何でもやろうとする。

でも、それって時間の無駄じゃないですか?

人には得意、不得意があって、
自分の嫌いなことも、喜んでやってくれる人がいます。

先輩や上司は、頼りにされる場を待っていますから
分らないこと聞いかれたりすると、嬉しいはずです。

特に男は、女性に頼り思われると嬉しいものです。(笑)

こんなこと質問していいのかな?
こんなお願いしたら迷惑がられるんじゃないか?
と空気を読んでいるつもりが、

実際は、相手にもっと遠慮せずオープンに絡んできてほしい
という空気を読めていないだけかもしれません。

子供が親に甘えているうちは、かわいいですが、
子供が遠慮するようになると、なんかさびしいものです。

これと同じことが、職場や友人などの人間関係にも
あてはまります。

自分の弱みやスキを見せず、あまりオープンに絡んでこない人は
なんかクールで近寄りがたいですよね。

分らないことや、苦手なことを上手に頼めるようになれば、
もっと親密になれるのではないでしょうか。

人から受けた恩恵と対等なものを相手に返せなくても
感謝さえしていれば、
相手は人の役に立てたことで満足するものです。

そして自分も別な場面で
誰かに恩恵を与えられればいいのです。

そのようにして
助け合って温かい社会が成り立っています。

甘え上手が人間関係を円滑にします。

私も、もっと甘え上手になろうと思います。

魔法のランプをこすってみましょう。

魔人があなたの願いを叶えてくれます。

もっと「甘え力」を身につけたい人は、
精神科医の和田秀樹さんのこの本が参考になります。

Post DATE: 2013/02/12
価格:¥ 1,575
発売日:2003-07-25

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">