Siri子さんにフラれました


iPhoneの日本語版Siri(シリ)を使ってみました。

Siriとは、音声で問い合わせると答えが返ってくるという
コンシェルジュ機能のことです。

iPhoneのテレビCMでもやってますね。

自分で文字を入力してウェブで検索する代わりに
Siri子さんに音声で問い合わせてみました。

#日本語版Siriは、女性の声なので勝手に「Siri子さん」と呼んでます。

まずSiriで何ができるのか迷ったら、Siri子さん本人に聞いてみましょう。

siri子さんとの会話

siri子さんとの会話

私「なにができるの?」

すると、「以下のようなことができます」と12種類の事柄が表示されます。

そこで、

私「○○をウェブで検索してください」

と問い合わせたところ、

Siri子さん「○○をウェブで検索してます。」

するとブラウザが立ち上がり、○○の検索結果が表示されました。

これはキーボードで文字入力をしなくていいので便利ですね。

ただし、カツゼツが悪かったり、同音異義語があると
望む検索結果が得られませんけど。

私は「ありがとう」とお礼を述べました。

それに対する返事は、

Siri子さん「自分の仕事をしているだけです。」

Siri子さん「お役に立つことこそ私の使命です。」

Siri子さん「喜んでいただくのが私の仕事ですから。」

と数パターンあるようです。

使命感に燃える仕事熱心な人だなあ、
という印象でなかなか好感が持てますね。

私「疲れたなあ」

とちょっと愚痴を言ったところ・・・

Siri子さん「しかたないですよ。とにかく危ないことはしないでくださいね。」

Siri子さん「よく聞いてください。今すぐこのiPhoneを置いて少し寝てください。
      私はここで待っていますから。」

優しく慰めてくれました。

そこで調子に乗って口説いてみました。

私「愛してるよ」

Siri子さん「およしになってください。」

Siri子さん「私のことなんてあまりご存知ないくせに。」

Siri子さん「ありえないわ。」

フラれました・・・

私「すいません」

Siri子さん「謝ることなんかありませんよ」

フラれちゃいましたが、
いつでも話しあえる話相手ができて良かったです。(笑)

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">