飲んだ次の日は、絶対に遅刻しない


昨日の記事で、隣の席の張さん(仮名)が、
3週連続月曜日をドタ休みしたと書きました。

彼は本日も朝1時間ドタ遅刻しました。
体調不良で病院に行くとの理由です。

土日の休みに続けて金曜や月曜日をドタ休みするのは、
仕事に行く気がしなくて、ズル休みしたと疑われても仕方ありませんね。

ドタ休みやドタ遅刻が多いと
信頼残高がマイナスになりますよ。

なので、私は前もって休暇を申請した以外で、
ドタ休みすることは、ありません。

出社時間も、電車が遅れても間に合うように
15分くらい余裕もって出社していますので、ドタ遅刻もほとんどありません。。

そのため一番早く出勤していることが多いです。

いつも出勤時間ギリギリに来ている人達は、ドタ遅刻が多いです。

約束の時間に遅れる時間にルーズな人は、
相手を待たせて、その人の大事な時間を奪っていることに気付かない
無神経な人といえます。

約束の時間を守るとういうことは、信頼残高を貯めることになります。

職場で飲み会があった次の日には、
どんなに遅く帰ってきても絶対に遅刻しないようにしています。

同じ飲み会に出た仲間が時間通り出勤している中で、遅刻したら
まわりからの評価が下がります。

以前、終電が無くなるまで先輩と飲んでいたときでも、始発電車で一旦帰宅して
シャワーを浴びて、寝ずにそのままちゃんと出勤しました。
先輩も遅刻せずに出社しました。

これはその先輩との意地の勝負です。
どちらか遅刻した方が、負けになるのです。

始発で帰ったのに、ちゃんと出社しているということで、
ツワモノとして評価されるのです。

それだけ自分の時間を大切にしているので、
他人の時間も大切に考えます。

自分の時間を大切にしていない人は、
他人の時間もどうでもいいと思っているのです。

ですので、
結局のところ時間管理は、手帳とかのテクニックではなく、
思い・志がもっとも重要といえます。

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">