時間貧乏をやめました


ディズニーランドのようなテーマパークに行くと
普段の時間感覚のままでいると楽しめないですね。

2歳の誕生日にディズニーランドに行ってきました

2歳の誕生日にディズニーランドに行ってきました

私の本業は、個人向けインターネット・サービスの開発で、
最も競争とスピードの激しい業界といえます。

私のプロジェクトも、毎月新機能をリリースするなど
仕事のスピードが重視されています。

仕事では自分のCPUクロック数(処理速度)を
通常の3倍にするほどの時間管理をしています。

けれど同じ感覚でディズニーランドに行くと、
出来るだけ多くのアトラクションに待ち時間を少なく
効率的に乗ろうと焦り、楽しめなくなっている自分がいました。

まわりでも並ぶ時間が長かったり、子供がわがままを言って
イライラしている人をよく見かけます。

自分を含めて楽しめていない人達を見て
俺はなんて「時間貧乏」だと感じました。

「時間貧乏」とは、いつでも時間が足りないと感じ、
行列に並んだりするのは時間の無駄と、
ちょっとのスキマ時間でも何かせずにはいられない人のこと
をいいます。

ディズニーランドは、非日常な空間ですから、
日常の感覚を持ち込むの止めよう
非日常な時間感覚に切り替えることにしました。

「今」に集中するようにしたのです。

すると、それまでの焦りやイラだちが消え、
子供と手をつないで夢の国を歩いている「今」に幸せを感じ、
豊かな時間を楽しむことができるようになりました。

仕事には目標やゴール、納期があるので
必然的に未来志向になります。

未来にばかり焦点をあてていると、将来のことが心配で
「今」に集中できなくなります。

せっかくテーマパークに遊びに来ているのですから、
現在の状況を楽しまなければ損です。

一旦未来のこと(次の予定)は忘れて、
「今」の状況を味わってみましょう。

いつ幸せを感じるか?

「今でしょ!」

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">