厄が明けた!


みなさん、あけましておめでとうございます!

「なんで今さら、新年の挨拶をしているのか???」
と思われたことでしょう。

それは、私の厄年(41歳男の大厄)が明けたからです!

2月3日は節分でした。
本日2月4日は立春です。

本来節分は、節を分けるということから
1年の終わりを指しています。

いままでの鬼(邪)を払って、福を呼び寄せまて
新しい1年を迎えます。

厄年だった人が厄が明けるのも、
節分後の立春からだと言われています。

なので「明けましておめでとう」なのです。

といっても今年は後厄なので、
まだまだ気を引き締めて、厄除け祈願に行ってきます。

山口さんって、厄年とか信じて意外と信心深いんですね
と思われたかもしれませんね。

私は、神様や占いを信じるかということは別にしても
人生にはライフサイクルがあると信じています。

歴史が繰り返すように、人の一生も良い時期と悪い時期を
交互に繰り返すものです。

何をやっても上手くいく絶好調な時期もあれば、
何をやっても上手くいかず耐え忍ぶ時期もあるでしょう。

この悪い時期のことを昔の人は、厄年としたのでしょう。

何をやっても上手くいかない・・・そういときは、
気を引き締めて、良い時期が来るまで耐え忍びます。

成果がでなくてもあきらめず、
今自分のできることをやり続けます。

そうすれば、必ず良い時期が来て芽が出ます。

厄が明けたということは、どん底を越えたということ
これからは上昇トレンドで良くなる一方。

と考えると、とても嬉しいのです。

明けない夜はないのだから、
今絶不調な人も、希望を捨てないでください。

絶好調な時期に備えて、
今できることをやり続けましょう!

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">