帰宅困難時の対策として


先日、東北地方を震源とする大きな余震がありましたね。

私も東京の17階のオフィスにいましたが、強い揺れを感じ、
また徒歩で帰宅することになるのかと、身構えました。

幸い私の使う交通機関はすぐに復旧し、
通常のルートで定刻に帰ることができました。

私は震災時の経験を教訓に、災害時の帰宅困難に備えて
普段から以下のような対策をしています。

携帯電話(スマホ)はフル充電にしておく

歩きやすい靴を履く

スマホは、徒歩帰宅の時にとても役に立ちました。

メールで家族と安否確認の連絡をとったり、
交通機関の状況を確認したり、

マップで現在地と自宅までのルートをチェックしたり
と情報収集と連絡手段に大活躍でした。

いざというときにバッテリーがなければ、使い物になりません。

そのため常にフル充電になるように、
こまめに充電をしておきましょう。

最近のモバイル機器に使われている、リチウムイオン電池は、
こまめに充電する方が電池の寿命を長持ちさせるそうです。

バッテリーが半分以下になったら命が危ない
というくらいの危機感で充電しておくことをお薦めします。

次に「歩きやすい靴を履く」です。

長時間・長距離を歩くには、
高いヒールなど歩きにくい靴では無理ですね。

軽くて歩きやすい靴を普段から履いていることをお薦めします。

運動靴がベストですが、会社には履いていけないという人には、
革靴でも運動靴のように軽くて履きやすい靴があります。

私はアシックス商事の「texcy luxe」という革靴を履いて
通勤しています。

アシックス商事

この靴とスマホのおかげで、日比谷にある会社から練馬の自宅まで
16kmを歩いて帰ることができました。

#4時間かかりましたが・・・

その他にも、カバンは肩にかけられるようなものにするなど
いざというときでも、自分や周りの人の命を守るために
普段からできることを心掛けておくと安心ですね。

P.S.
最新情報やブログでは掲載できない情報など、以下のメルマガで配信しています。
まだの人は、こちらから無料でご購読できます。

メルマガ購読・解除
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">